イメージ:カップ
頚動脈超音波
Copyright by Hayakawa Clinic 2005-2007
イメージ:フラワー
生活習慣病はありませんか?
糖尿病、高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習慣に起因する動脈硬化や血栓は、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化症などの生命に関わる病気を引き起こします。
食事や運動といった生活習慣に強く関連しているので誰にでも起こる可能性がありますが、症状を自覚しにくいことが早期発見・早期治療を遅らせています。
めまいはありませんか?


頸動脈を見てみましょう
血管そのものを見ることができる超音波なら、頸動脈の壁肥厚度やプラークの有無などが直接観察でき、動脈硬化や血栓の早期発見が可能になります。

壁肥厚度とは?
動脈内にコレステロールが蓄積して動脈の壁が厚くなり、血管の弾力が失われるその度合いです。

頸動脈超音波
HOME ご挨拶 診療時間 産科 婦人科 医院概要 スタッフ紹介 施設案内 お知らせ マップ
イメージ:キャット
婦人科 頸動脈超音波
イメージ:キップ
めまいなどの自覚症状があれば要注意です!
頸動脈超音波検査とは、頸動脈の状態を調べる検査です。
血管そのものを見ますので、頸動脈の壁肥厚度やプラークの有無などが直接観察できます。
動脈硬化や血栓の早期発見が可能になります。
プラークとは?
コレステロールや中性脂肪が増えた時に血管にできやすい隆起物です。プラークが破れると血栓ができやすいので注意が必要です。

なぜ頸動脈?

全身の動脈の中で、動脈硬化が進みやすい部位の一つが頸動脈です。
頸動脈が詰まって脳に血液が行かなくなると、脳梗塞などを引き起こすので、頸動脈を見ることが早期発見につながります。
また、頸動脈は心臓や足の動脈硬化と密接な関係があり、全身の動脈硬化の進行を推測することができます。

検査方法
頸動脈にプローべをあてて検査します。
超音波なので患者様への負担はありません。
また、目の前のモニターで、リアルタイムに診断画像を見ることができます。